現在の位置: ホーム > コンテンツメニュー > JKフィルムのキル・ヨンミン代表「少女時代 ユナは『共助』の現場でとても愛された」

JKフィルムのキル・ヨンミン代表「少女時代 ユナは『共助』の現場でとても愛された」

韓国ドラマ / 2017-02-23

 

映画「共助」の一番の立役者は誰だろうか。アクション演技を披露したヒョンビン? 観客を爆笑の渦に巻き込んだ“興行キング”ユ・ヘジン? 悪役にイメージチェンジしたキム・ジュヒョク? すぐに答えるのは難しい。なぜなら、全員が「共助」のヒットにおいて、自身の役目を十分に果たしたからだ。

ヒョンビンは、初めてのアクション演技で女心を鷲掴みにした。何となくアクション演技をしたことがあったような印象があるが、今回が初めてだった。そのため、もっと早くやってほしかったという声も出ている。負傷が多かったんじゃないかと心配すると、運動神経が優れているため大きな負傷はなかったと、JKフィルムのキル・ヨンミン代表はインタビューで記者を安心させた。

「監督が、アクションシーンを長くすると最初からコンセプトを決めていたので、アクションシーンを見事に撮ることができたと思います。負傷ですか? 安全装置をしっかり備えていました。もちろん激闘シーンなど、俳優が自分でやらなければならないシーンでは、打撲傷など小さな負傷はありましたが、大きな負傷は幸いありませんでした。ヒョンビンさんがすごく一生懸命によくやってくれました。あの人は運動神経が優れています。一生懸命に努力する上、運動神経も優れていたので、見事にやってくれました。おかげで大きな負傷なくやり切ることができました。車にぶら下がるのも自分でやると言い出しました。欲張りな人です」

キム・ジュヒョクのキャスティングも神の一手だったと言うと、キル代表も頷いた。俳優本人が悪役をしたがっていたという。予想もしなかった人物で、チャ・ギソンというキャラクターを作ってみようというJKフィルムとキム・ソンフン監督の欲にも、ぴったりの人物だった。
 

ユーザーレビュー

まだコメントがありません
ユーザー: 匿名ユーザー
E-mail:
評価レベル:
評価内容:
認証コード:
captcha